興龍ホイール有限公司
秦皇島興龍ホイール有限公司は2005年5月に成立され、中秦興龍工業グループに属する。敷地面積は322666平方メートルである。アルミホイールなど自動車部品の開発、生産、販売と精密加工を経営し製品と技術の輸出入なども経営する。
秦皇島興龍ホイール有限公司は生産部、技術品質部、設備管理部、財務部、管理部及び熱加工作業場、機械加工作業場、塗装作業場からなっている。現在に1200人が在籍する。資本総額は13億元で年間生産高は11億である。アルミホイールの年間生産能力は360万本である。
開発、試作、試験、検測、生産の設備を持っている。国際に先進的なアルミホイール生産ライン、精密的なイタリアとドイツの検測設備を持っている。低圧鋳造機36台、荒加工機24セット、仕上げ加工機10台、透明液体塗装ライン2つ、透明粉体塗装ライン2つ、三次元測定器3台、オンライン·ランアウトバランス検査機4台、万能材料試験機2台など先進的な設備を持っているからホイールにすべての検測と試験に満足できる。
90%の製品がOEM製品である。ヨーロッパ、アメリカ、日本など国際一流自動車メーカーに製品を提供している。国内に宇通バス、東風商用車、一汽自動車、北汽福田など自動車メーカーに多種化の乗用車、商用車のホイールを開発した。その以外にアフターと改造車に個性的なホイールを提供している。
会社の生産管理と技術品質管理はホイール業界でレベルが高いである。ISO/TS16949品質管理システム認証、ISO14001環境管理システム認証及びOHSAS18000職業安全衛生管理システム認証を得た。そして、ドイツTüV、アメリカDOT、日本VIAなどの第三者監査も合格した。QSB、6S、TnPM、TPSなどの管理システムを導入した。河北省のハイテク企業として社会の栄誉といい評判を得た。秦皇島市級工業発展貢献企業、秦皇島市安全生産管理先進企業、契約守り信用企業、河北省設備管理先進企業、河北省工業設管理革新企業、河北省ブランド製品、河北省品質効率型先進企業、河北省設備管理情報建設先進企業などの栄誉を得た。燕山大学などの高等教育機構、科学研究院と協力し各分野で研究を進めている。35個のパテントを得た。
十年間の努力と発展、世界に先進的な生産工芸、オートメーション、精密的な生産と検査設備、ホイール業界の人材を持っている。
未来、企業の発展使命を堅持しお客様に満足できる製品とサービスを提供する。社員のために公平な発展チャンスを作る。社会にもっと多く責任を負担する。有名なブランドのグローバルサプライヤーになるために努力する。