中秦渤海科技有限公司が2013年4月設立された、中秦興龍工業グループに属して、高強度で軽量化アルミホイールの生産、開発、サービス、検査の一体化する高科学技術製造企業である。高強度、軽量化アルミホイール項目の敷地面積は53006.6平方メートルである。

中秦渤海科技有限公司は日増しに発展している高級車の部品及び付属装備とアフター市場の需要に速く満足するため、興龍工業グループの技術力と資金力を頼りに投資して、短い流れで柔軟性のあるホイール生産ラインを建てた。2014年8月から建て、2015年6月まで、高強度、軽量化アルミホイール生産ラインは全線貫通した。製品は日本、アメリカ、ドイツ、ロシア、スイスなどの国内外高級アフター市場に向き、BMWのAC SCHNITZER、ベンツBRABUS、フォルクスワーゲンABT、豊田などのハイエンド改装項目と協力して、市場将来性がある。

高強度、軽量化アルミホイール項目は国際一流の自動化とデジタル化生産ラインを持ている。技術力は業界でリードする。全自動ロボットと全自動ローラーコンベヤーを使用して、高性能組み合わせ旋盤にネットワーク通信モジュールを予備して、自動化と情報化レベルを上げる。この項目はイタリアIMT組み合わせ旋盤、低圧鋳造機、スイス金馬全自動粉体スプレーシステム塗装ライン、スイススペクトル·アナライザー、ドイツ全自動ヘリウムエア漏れ検査機などの国際先端の生産と検査設備を揃っている。

将来、中秦渤海科技有限公司は中秦興龍工業グループの指導で、着実な仕事態度で科学的、完備的な管理システム、進んだ製造工芸、厳格な品質コントロールシステムなどによって、お客様に最高な製品とサービスを提供する。